MENU

facebookmail

HOME お知らせ 講座 研究 機構案内

統合医療実践講座

統合医療実践講座とバイオレゾナンスアカデミー講座

HOME > 講座 > バイオレゾナンスとは?

バイオレゾナンスとは?

バイオ(生体の)+レゾナンス(共鳴)のことであり、
ある特定の共鳴を体に与えることにより、
体のエネルギーの測定とトリートメントが行えるものです。

どんな物質でも、原子レベルでは振動をしており、それにより波動を出しています。
従って物質にはそれぞれ固有の周波数が存在することになります。
同じように、人間の体にも臓器など固有の周波数があることがわかっています。

バイオレゾナンスとは

バイオレゾナンスとは、バイオ(生体の)+レゾナンス(共鳴)ということであり、生体の共鳴反応をみています。

物質は、分子のレベルまでみると振動していて、それぞれ固有の周波数が決まっています。人間の臓器も、それぞれ周波数を持っていて、健康なときは本来の周波数を出しますが、不調になっているときは本来の周波数を出していません。

バイオレゾナンスでは、その周波数を測定することで、不調な臓器を特定し、さらにその原因まで特定していきます。また測定だけではなく、その周波数を整える(ハーモナイズ)も行うことが可能です。

測定値でわかる不調

各部位の周波数の測定値をすることで、不調な臓器を特定し、さらにその現認まで特定していくのがバイオレゾナンスです。そのため、治療・トリートメント・サプリメントの処方などの前後で、バイオレゾナンスを用いて測定値を把握することで、それらの効果をはかることもできます。

ドイツで発展したバイオレゾナンス

欧米で知られるバイオレゾナンスは、特にドイツおいて発展してきました。ドイツの物理学者であるパウル・シュミットは、バイオレゾナンスの考え方を集約し、1976年に周波数測定器を開発しました。ドイツでは治療の一環として、多くの自然療法や代替補完療法に組み込まれており、現在まで、数万の測定結果に基づく固有振動情報から、様々なプログラムが開発され、臨床や基礎研究で活用されています。

日本で唯一の講座で学ぶ"パウル・シュミット式バイオレゾナンス"

当機構(日本ホロス臨床統合医療機構)のバイオレゾナンスアカデミーでは、ドイツ振動医学協会認定の講師による、日本で唯一パウル・シュミット式バイオレゾナンスを学んでいただけるカリキュラムを展開しています。臨床に直結した技術を修得することで、統合医療の指針として導入することが可能です。

バイオレゾナンスアカデミー概要

理念

  • 当アカデミーはパウル・シュミットの意志を受け継ぎパウル・シュミット式バイオレゾナンスを適切に使用できる人を養成します。
  • 当アカデミーは使用できる人を養成することで、日本におけるパウル・シュミット式バイオレゾナンスを普及させることに尽力をつくします。
  • 当アカデミーは、一般の方から専門家まで幅広く養成し、パウル・シュミット式バイオレゾナンスを医療だけではなく、環境、農業、食の分野などにおいても普及させることを目的とし、皆が同じ意識を持つように努めます。
名称 Dr.Morishima-style Bioresonance Academy based on PSB(Paul Schmidt Bioresonance)

目的

パウルシュミット式バイオレゾナンスの日本国内および国外への正しい情報提供、使用方法の普及によって近代西洋医学とは異なるアプローチにより新たな医療活動の推進をはかります。
メリット
  1. 日本で唯一ドイツのパウルシュミット式バイオレゾナンスを学ぶことができ、臨床に直結したものを会得することができる
  2. 認定講師になれば、自分で講座を持つことができます。
  3. バイオレゾナンスという一つの共通したものを持つことで、医師、代替療法家の共通項ができます。
toplink