MENU

facebookmail

HOME お知らせ 講座 研究 機構案内

統合医療実践講座

統合医療実践講座とバイオレゾナンスアカデミー講座

HOME > 講座 > バイオレゾナンスアカデミー講座内容

バイオレゾナンスアカデミー講座内容

入門講座

【1回講座 total:3.5時間】

  1. 人体の成り立ち(ホリスティックな観点から)
  2. バイオレゾナンスはどうやって生まれたか。
    パウルシュミットの歴史とその理論
  3. PSポラーの仕組み
  4. 他の波動治療器との違い
  5. PSポラーで可能なこと、PS10とPS1000の違い

基礎講座 ※PS10の所有者が対象

【6回講座 total:18時間】
基礎講座からは出願性で書類審査を実施。書類申請通過者のみ受講が可能。
定員:8人

  1. PS10の正しい使い方
  2. レヨセンサーが正しく回るには?
  3. エネルギー体としての人体について詳しく知る
    ⅰ)オーラ、チャクラ 
    ⅱ)経絡 
  4. 人体が外的環境から受ける影響
    ⅰ)電磁波
    ⅱ)ジオパシックストレス(地下から受けるエネルギー)
    ⅲ)有害金属
    ⅳ)化学物質

※PS10を所有していない方は購入が必要になります。
※基礎講座からは、座学と実習になります。
※テキストはBizfileというアプリを使いますので、iPadまたはiPadminiを各自ご用意頂きます。(iPhoneでも閲覧可能ですが、文字が小さく見にくいため)
※修了方法は筆記試験並びに実技試験で行います。 6ヶ月にて原則修了(月1回)
※基礎講座を修了した方は、振動測定士となります。測定士にはクライアントへのトリートメントを行うことを認めていません。

プレマスター講座

【2回講座 total:9時間】
基礎講座修了者が対象。例外者は厳格な書類審査により受講が可能です。(例えば、ドイツ振動医学協会のバイオレゾナンス養成講座を受講した方やPSポラー10を臨床で使用経験6ヵ月以上あり、現在も使用している方)

  1. 体内環境を知る
    (1) 酸 アルカリ
    (2) ビタミン、ミネラル
    (3) 有害物質、化学物質
    (4)酵素
  2. 薬品、サプリメント、漢方などの測定、周波数レンジテスト
  3. アレルギー減感作、経路レゾナンス治療
  4. STI自動測定、ハーモナイズ

※2ヵ月にて原則終了(月1回)

マスター講座 ※Rayotestが正しく回る人

【4回講座 total:18時間】
プレマスター講座修了者が対象。

  1. バイオレゾナンスでみる解剖学、生理学、病理学
    (1)解剖学(国家資格以外のものには別枠セミナーあり)
    (2) 生理学(国家資格以外のものには別枠セミナーあり)
    (3) 病理学

※医師、歯科医師向けには、Cモジュールや統合医療におけるバイオレゾナンスの使い方のセミナーが入ります。(別枠セミナー)
※別枠セミナーの統合医療におけるバイオレゾナンスセミナーには、これまでの経験の臨床でのノウハウが入っています。
※修了方法は筆記試験並びに実技試験で行います。
(座学と実習 1コマ4.5時間 total:18時間)
※4ヵ月にて原則終了(月1回)

▶ 入門講座申込フォーム
※基礎講座・マスター講座の受講は入門講座の受講が必須になります。

toplink