MENU

facebookmail

HOME お知らせ 講座 研究 機構案内

統合医療実践講座-第3回

HOME > 講座 > 統合医療実践講座-第3回

JHOCIM
開催:2022年6月12日
#山地梨映子#池田明子

統合医療実践講座-第3回

プログラム1開講日時|2022年6月12日(日)10:00~11:00

『小児カイロプラクティック~統合医療におけるカイロプラクティックの有効性~』

カイロプラクティックというと「骨」を診るというイメージがあると思いますが、実は、骨を診るのではなく、「神経」を診る施術です。神経の働きを滞りなく良くするために、骨格を矯正するというのが正しいカイロプラクティックの表現です。アメリカの医師国家資格と同じ、DC(ドクターオブカイロプラクティック)を取得し、国際資格「マタニティ・小児カイロプラクティック認定資格(CACCP)」の専門教育を終了している日本人はたったの6名。 山地先生は日本人女性初の認定者で、小児発達神経学など高度な知識をわかりやすく学べます。

講師:山地梨映子DC(ドクターオブカイロプラクティック)
リコ・カイロプラクティック・オフィス代表/CACCP(小児・妊産婦カイロプラクティック認定資格)
講師プロフィール詳細≫

受講申込みはこちらから≫ ※受講申込用の外部サイトへリンクします

プログラム2開講日時|2022年6月12日(日)11:15~12:15

『心と体を癒す植物の力~フィトセラピーとハンドケア~』

動かない(Does not move)で生きる植物は、過酷な外界の環境に適応するため、植物特有の化学成分を作りだしています。その化学成分は人類誕生から薬として使われてきたものであり、現在でも医薬品のもととなっているものが多くあります。
フィトセラピー(植物療法)は、植物の化学成分をハーブや精油を通じて心と体の両面からバランスよく使う自然療法です。「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」とは、医聖ヒポクラテスの言葉。都会にいながら自然を感じるフィトセラピーを通して、日々自然治癒力の低下を防止しましょう。多岐にわたり様々な実践方法があるフィトセラピーですが、中でも手軽で、認知症予防や抗がん剤による副作用の軽減にも活用されている植物オイルを用いたセルフハンドケアの実践も行います。

講師:池田明子(植物療法士/フィトセラピスト/植生工学士)
ソフィアフィトセラピーカレッジ校長/西九州大学客員教授/一般社団法人日本フィトセラピー協会代表理事/一般社団法人日本ハンドケア協会代表理事
講師プロフィール詳細≫

受講申込みはこちらから≫ ※受講申込用の外部サイトへリンクします

開講日 2022年6月12日(日)
プログラム 10:00~11:00『小児カイロプラクティック~統合医療におけるカイロプラクティックの有効性~』
11:15~12:15『心と体を癒す植物の力~フィトセラピーとハンドケア~』
その他の科目
4/24
5/15
6/12
6/26
7/31
8/28
9/11 ※この日は2科目で約1時間の講義です
9/25
受講資格 医療従事者、または 会員から紹介のあった代替療法従事者、セラピスト(3年以上の経験者)
※受講には当機構への入会が必要となります。
入会に関しての詳細は入会のご案内もご確認ください。
受講可能科目数 ①医師・歯科医師・医療系 国家資格取得者(※下記枠内参照)
全14科目 ※1科目だけの受講も可能
②上記①以外の方
全10科目 ※1科目だけの受講も可能

<医療系 国家資格として以下を対象とする>
医師、歯科医師、薬剤師、看護師、助産師、管理栄養士、社会福祉士、精神保健福祉士、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、義肢装具士、歯科技工士、救急救命士、言語聴覚士、視能訓練士、柔道整復師、はり師・きゅう師、介護福祉士

受講形式

以下①②いずれか選択可能

①オンライン受講+録画視聴
②録画視聴のみ

※録画視聴には質疑応答が含まれませんので、ご了承の上お申し込みください。

受講料
(テキスト代・税込)
①医師・歯科医師・医療系国家資格取得者=1科目 8,900円
②上記①以外の方=1科目 6,500円
※上記以外に、当機構入会金(年会費5千円)が必要です。
認定

①医師・歯科医師・医療系国家資格保持者のうち全14科目修了者
「JHOCIM 認定 ホリスティックケアアドバイザー資格」取得

②医師・歯科医師・医療系国家資格保持者以外で全10科目修了者
「JHOCI M認定 統合医療実践講座(ホリスティックケア科目)」修了証発行

お問合せ 統合医療実践講座 担当:牧 香奈子
maki@makana-h.com
toplink