MENU

facebookmail

HOME お知らせ 講座 研究 機構案内

機構案内

日本ホロス臨床総合医療機構について

HOME > 機構案内 > 理事の想い(北西剛)

理事の想い(北西剛)

わたしの母ががんをわずらった。手術、放射線、抗がん剤、いわゆる3大治療を受けた。副作用にも耐えて、治療を続けた。あれから30年。現在は再発もなく、元気にすごしている。

わたしの父が小脳出血で倒れた。長期間の入院。その後、リハビリを経て、現在は日常生活にはほとんど支障なく、すごしている。

あらためて、両親の命を救ってもらった西洋医学のちからに感謝している。

医師免許を取り、耳鼻科医の道を選んだ。あるガン患者さんを治療した。手術をして、放射線治療を行い、抗ガン剤で治療をした。しっかりと治療ができたと思った矢先、遠隔転移が見つかった。結局その患者さんは、耳鼻科での治療を終え、緩和ケア病棟へと移ることになった。昨日まで耳鼻科で治すための治療を受けていた患者さんが、今日からはガン疼痛を取り除くことだけが目的に変わった。何もできない自分自身に無力感を感じた。

ある日、診察にこられた耳鳴りの患者さんが、
「どこの病院に行っても治りません。毎回同じ薬が出るだけです。先生の病院が19件目です。」
と話してくれた。その数に驚かされた。何もできず、ただ同じ薬が処方される診察を目の当たりにして、治療法もなく戸惑う目の前の患者さんに対して、自分には何ができるのか、を考えさせられた。

めまいを訴える、ある患者さんが、通院中の病院で処方されている薬を見せてくれた。1つの病院から処方されている薬の数は、29種類だった。患者さんが症状を訴えるたびに薬が増え続けていったのだろう。何も考えずに、ただ薬を出し続ける診察に疑問を持った。その患者さんは、何度も大学病院に通って、原因を見つけるために、たくさんの検査を受け続けた。最後に主治医から言われたことばは、
「検査は異常なし。心の問題です。耳鼻科の病気ではありません。」

両親のいのちを救ってくれた西洋医学は素晴らしい医学だと思う。そういった体験を持つ私から見ても、西洋医学では、こころとからだは別のもの。検査をすれば病気の原因がわかる、病気の診断ができる、検査で異常がなければ病気とは呼ばない、そういう考え方が主流だ。病名とは、ヒトが勝手に、便宜上、似た症状をしめす患者さんを分類しているだけにすぎない。症状や検査結果が同じであれば、同じ病名で呼ばれ、個々の差は考慮しない。男女差、左右差、体格差、いつ発症したのか、症状が天候の影響を受けるのか、…。そんなことは一切考えずに、病名という分類でのみ、治療法が決定される。
西洋医学での診断とは、決められた狭い範囲から、病名を決めること。西洋医学での治療とは、限られた中から選んだ病名に適した薬を使うこと、手術をすること。ほんとうにそれで患者さんの症状は改善されるのか?患者さんが苦痛から解放されるのか?もっとできることがあるはずだ。異なる方法で。

治療に関しての視野を広げよう。もっと多くの治療の選択肢を提案しよう。でも、自分でできることにも限界がある。幅広い職種との交流を広げて、診療に取り入れよう。これがきっと、悩みを抱える患者さんのためになるはずだと。統合医療とは、西洋医学と代替医療の統合だけでなない。医師と患者さん、ヒトと自然、すべて統合しなければ意味がない。

こうした取り組みは、目に見える形で効果があらわれた。

漢方で長年の不調が改善した患者さんがいた。ホメオパシーが奏を功した患者さんがいた。ヨーガで症状が楽になったという患者さんがいた。すすめたアーユルヴェーダが気に入って、アーユルヴェーダを求めてインドにまで渡った患者さんがいた。食を改善し、腸内環境を調えて、病気が治り、手術の必要がなくなった患者さんがいた。プラセンタが劇的に効いた患者さんがいた。バイオレゾナンスのハーモナイズで症状から解放され、感謝してくれた患者さんがいた。森林セラピーのアーシングに参加してくれた患者さんは、80歳をこえてまだまだ元気。アロマセラピーで…。鍼灸で…。カイロプラクティックで…。挙げればきりがない。これらはみんな、西洋医学では歯が立たなかった、西洋医学では見捨てられた存在の患者さんたちだった。

すべての病気の原因がわかり、あらゆる病気の治療法が確立されるのでは、といわれていたヒトゲノム計画。しかし、ヒトのすべての遺伝子がわかっても、すべての病気やその治療法がわかることはなかった。今度は、ES細胞、iPS細胞、MUSE細胞、遺伝子治療、ゲノム編集、先制医療…。センセーショナルなことばが躍る。これさえあれば、今度こそあらゆる病気が治せるのか。

センテナリアン=百寿者の調査からわかったこと。大切なのは、生きがい型満足感やひととのつながり。逆に、臓器が元気でも長生きとは限らないことがわかった。個々の臓器を治すことだけにとらわれていると、まさに“木を見て森を見ず”、“臓器を見てヒトを見ず”になる。

日本ホロス臨床統合医療機構では、講座を通して臓器・診療科・職種をこえた学び、交流を得てもらいたい。それを各持ち場で活かしてもらいたい。広がった交流から基礎・臨床分野で、ともに研究したい。そう考えています。

機構案内

入会のご案内

お問合せ

日本ホロス臨床統合医療機構では統合医療に関心をお持ちの方の参加をお待ちしています。ご入会や資料請求などお気軽にお問合せください。

受付時間 9:00~18:00

JHOCIM06-6991-1000

お問合せ
toplink